うつ病完治を目指す多くの治療法、高い効果を得る

運動が大事

メンタルヘルス向けの部門を利用してみましょう

うつ病の症状には軽症〜重症の間で具体的に異なり、ゆえに治療法も異なります。 うつ病の、軽症あたりのレベルの症状の治療法としてカウンセリングなど以外にも フィットネス、もしくはスポーツジムを利用する方法があります。 うつ病に深く関係しているとされる脳内の神経伝達物質は、 「リズミカルで軽い運動」で自然な身体の作用で生成されることが知られています。 特に、心理的な落ち着き(焦燥や怒りなどの負の感情を抑えること)を促す物質が 欠乏することで起こるとされているうつ病にとってそのような運動は効果的というわけです。 スポーツジムなどと聞くと一見部活動のような体育会系のイメージから 少しハードルが高いような印象があります。 しかし、実際にはメンタルヘルスを扱うコースを用意しているジムも多く そのようなコースでは競技としてではなくフィットネスとしてサービスを利用できます。 料金も競技コースよりも安く設定されていることが多いので、安く快適なのが特徴です。 利用方法は、ジムの会員になる手続きを踏むだけであるのが一般的です。

サービスの多くは月額制です

スポーツジムなどを利用したうつ病の治療には金銭面のメリットもあります。 うつ病の患者に見られる多くのケースでは、多かれ少なかれ投薬による治療が施されます。 しかし、投薬は症状の変化に応じて処方される量などが大きく異なるため、 場合によっては金銭的な負担が懸念されてしまうこともあります。 つまり、月単位で見た治療費用はほかの病気の治療よりも比較的高く安定し、 変動が激しい側面もあるのです。 ジムを利用したフィットネスによる治療法のよいところは ジムの会員費用は月額制であることです。 つまり、一定の金額を払うことで自分の症状に合わせて都合のよいときに ジムで運動ができるということです。 また、二次的な効果としてフィットネスによる身体の強化によって 「具体的な成果」が得られ、精神的な自信をつけやすいのもメリットです。 料金の相場は、月額で8000〜10000円となります。

うつ病治療のためにするべきこと

うつ病治療のためにするべきことを紹介いたします。 うつ病治療のためには、まず環境を変えることを第一に考えましょう。たとえば職場におけるストレスが大きいのであれば、それを取り除くように動きましょう。職場の人と直接話しをするのが良いと思われますが、それが出来ない場合は休職することを考えましょう。 専門の医療機関で診察してもらうことも大切です。医師の診断書があれば、休職の件も話が通りやすいでしょうし、不要な責任を回避することができるでしょう。うつ病のときは、重荷になっているものから解放されて楽に過ごす必要があります。日常生活が困難になるほど追い詰められている場合、精神的に辛いと思うものからは、逃げても構わないのです。

逃げることは悪いことではない

逃げることは悪いことではありません。治療のためなら尚更です。 逃げることが一見悪いことのように扱われる風潮もあるのですが、それは間違っているのです。 生まれたときから好戦的でストレス耐性が高い人に有利に働くからです。 それでは真逆のタイプの人は、不利益となってしまいます。 昔は社会が安定せず、発展のための合理主義的精神は確かに必要だったといえるでしょう。 しかし時代は変わり、今はマイノリティなどあらゆる虐げられている人々のことを考える必要性に迫られています。 それは逃げることが、必ずしも悪いと思われない社会の実現が近づいているということです。 うつ病というのは一種の社会適応障害であり、その治療は本来であれば、普遍的な哲学や道徳の中にあると思われます。