うつ病完治を目指す多くの治療法、高い効果を得る

認知行動療法

うつ病治療にも無限の可能性がある

うつ病治療には無限の可能性があります。 精神病の治療という固定概念を打ち砕くような治療方法が次々開発され、その中でも高い治癒率を示すものも生まれています。その治療の幅がとても広いのです。今回はその中でもRPGゲームで学ぶ認知行動療法についてご紹介いたします。 今では携帯アプリ等もだいぶ人々の生活の中に浸透してきており、スマホはすでに国民の生活に必要不可欠な ひとつのプラットフォームとなりつつあります。 その昔であれば、受験勉強のために開発されたゲームを、携帯ゲーム機等でプレイしたものですが、今では携帯電話と一緒に持ち歩き、空いた時間でそれらをプレイすることができるのです。 そのような技術はうつ病治療の世界にも波及してきているのです。

SPARXという認知行動療法用ゲームがあります

SPARXという認知行動療法を学ぶためのRPGゲームがあります。iOS版も製作予定だそうです。 ニュージーランドの医師が作ったRPGゲームで、簡単に言えば、ゲームで冒険しながら楽しくうつ病の治療が出来るというものです。 これは非常に優れたアイデアではないでしょうか。うつ病治療だからといって、苦痛を強いられたり、従来の固定概念の枠に収まっていたりする必要性などないのです。 SPRAXはうつ病患者のうち、43%程度に症状の完治が見られたそうです。ゲームの出来も良いそうで、楽しんで治療することが出来そうです。 実際にこれはSPARXである必要はなくて、自分で自分の都合にあったものを選び、学んで行けば良いのだと思います。