うつ病完治を目指す多くの治療法、高い効果を得る

見える病気

うつは「見える」病気と認識され始めています

うつ病は精神疾患ですから、その病状は客観視できず、相手からはその苦しみが見えないものと されています。 そして患者本人からしても、苦しみを感じることができても、苦しみの根源が見えるわけではないので 具体的な治療法がわからず右往左往してしまうこともあります。 しかし、最近のうつ病に対する医学的な捉え方では、 「うつ病は身体の病気などと同じで”見える”ものだ」とする見方が強まりました。 このような見識が強まったのはうつ病と血流、血流に対する特定の神経物質の割合に大きな関係が 見られたからです。 うつ病そのものの症状が見えなくとも、うつ病を発症することで起こる身体の内部的な変化は 数値的に見ることができます。 実際に、特定の神経物質の分泌量をコントロールする治療法が実用化されており、 今後はある種「数学的」な治療法が多く採用されることが予想されます。

安易に要因に委ねないようにしましょう

先述の通り、うつ病の研究の結果、昨今ではかつてに比べその病状について有力な情報が 多く出回るようになりました。 しかし、それでもうつ病の本質に関する見方は諸説あり、非常に曖昧な議論が不可避です。 例えば、うつ病は神経伝達物質のうち「セロトニン」という物質の分泌量の減少で起きるという 説があります。 そして、そのセロトニンが神経系で生み出されることから、うつ病は脳の病気だとも言われています。 しかし、そのような物質的、数値的な物ではなく、あくまでも患者の環境・性格的な要因によるもの とする従来から言われてきた意見も有力です。 結局のところ、うつ病を発症する関係性の強い要素が多く発見されたところで 本質的なところはまだ何もわかっていないのです。 そのため、「自分がうつ病なのはアレコレが原因だ」というような安易な考え方は避けるべきです。 正しい治療のガイドラインは、結局は自分の心にしかないのです。