うつ病完治を目指す多くの治療法、高い効果を得る

治療の費用

うつ病を治すための一般的な医療費

現在うつ病は一般的に認識された、よくみられる病気です。うつ病にかかる治療費はどのくらいかかるでしょうか。 平均的な価格ですが、入院する場合、一日当たり、およそ15000円ほどで、入院期間が120日として、190万円ぐらいかかります。 通院治療でも3割負担では、1日当たり4000円、窓口での支払い総額は55万円ぐらいを目安とするといいでしょう。 ただ、うつ病は個人差が大きく、入院期間もまちまちなので治療費はかなり幅があります。 しかし、外来の自立支援制度を利用すると、所得によりかなり治療費が変わってきます。生活保護世帯では治療費はかかりませんが、低所得者では2500円かかる場合と、5000円かかる場合があります。 また低所得者と認定されれば、外来ではかなり治療費の負担が減るでしょう。

この病気の特徴について

うつ病の特徴としては、十分な休息と薬物による治療が主になります。 最近のうつ病をはじめとした、神経疾患の治療法はかなり進歩しています。 例えば、うつ病の薬を見てみると、SSRIと呼ばれる薬の種類が4種類ぐらい、3環系と呼ばれる薬が3種類ぐらい、4環系と呼ばれる薬が3種類ぐらい使われています。さらに最近は脳の神経伝達物質をターゲットにした新薬も次々に開発されてきており、レパートリーが増えました。 その甲斐あってか、うつ病の治療は、ここ近年かなり選択肢が増えたといえるでしょう。 また最近は症状が軽い患者さんが増えたため、入院するよりも、外来で治療する患者さんが増えています。 現代のストレス社会の中で、働きながら通院できるのは大きな利点と考えられます。 しかし無理は禁物です。落ち着いて治せる環境で療養したいものです。